業務の内容|リスティング広告代行などの活用方法|手軽で効率よい仕事

リスティング広告代行などの活用方法|手軽で効率よい仕事

女性

業務の内容

スーツの人

コールセンターの業務

コールセンターの業務にはインバウンドとアウトバウンドがあります。インバウンドは顧客からかかってくる電話を取り、質問や苦情を受け付ける業務です。インバウンドで失敗しないためには、担当者が詳しい商品知識を持ち、どんなコールにも迅速に対応しなければなりません。アウトバウンドは事業者から顧客に電話し、イベントを紹介したり新商品を勧めたりする業務です。すでに獲得した顧客を満足させるだけでなく、新たな顧客を開拓するためにも重要な業務と言えます。インバウンドは顧客を逃がさないために必要ですが、業績拡大のためにはアウトバウンドで販路を増やすことが望まれます。今後の企業の営業戦略の中では、アウトバウンドの位置づけが重みを増していくでしょう。

アウトバウンドの注意点

アウトバウンドは事業者から一方的に電話をかけるため、成功率は非常に低いのが普通です。はじめから電話を取ってくれない顧客も数多くいます。また電話を取ってくれても、セールスだとわかるとすぐに切られてしまうこともあります。こうした問題に対処しないと、アウトバウンドでの成功はおぼつきません。アウトバウンドでは、まず目指す相手に電話が繋がらなければ始まりません。そこで個人であれ企業であれ、相手が電話を取ってくれそうな時間帯を分析します。これは年齢・職業・役職などから推測できます。次に相手が興味を持ってくれそうなシナリオを書き、それに沿って話をする必要があります。このようなノウハウを専門に研究しているコールセンターもあります。